SiteMap Close

受験生の皆様

ホーム > 受験生の皆様 > キャンパスライフ

キャンパスライフ

キャンパスライフ

薬学部・薬学府の学生は、講義、実習、研究活動と共に、四季折々の行事の中で、友達や先輩・後輩さらには教員との楽しい触れ合いを通じて充実したキャンパスライフを謳歌しています。学部3年生では研修としてくすり博物館などの見学を、4年生では病院・薬局実習を行い、薬の作り手(製薬企業)・使い手(薬剤師)との交流を通じて薬学の重要性を学びます。また、ソフトボール大会、テニス大会などを通じ、教員と学生が懇親を深めています。

薬学部・薬学府の一年
  1. Spring
    1. 4April
      • 入学式(学部生、大学院生)
      • 新入生オリエンテーション(1年生)
      • 前期授業開始(学部生、大学院生)
      • 前期実習開始(3年生)
      • 研究室配属(4年生)
    2. 5May
      • 新入生歓迎ソフトボール大会
      • テニス大会
      • 病院・薬局実習(臨床5年生)
        (第Ⅰ期:5月中旬~7月下旬)
    テニス大会
  2. Summer
    1. 6June
    2. 7July
      • 大学院特別選抜入学試験
        (創薬4年生)
    3. 8August
      • 前期授業・実習終了
      • 前期定期試験(学部生)
      • 夏期休業
      • 大学院入学試験:
        修士、博士(後期)課程
    ソフトボール大会
  3. Autumn
    1. 9September
      • 製薬企業等見学(3年生)
      • 病院・薬局実習(臨床5年生)
        (第Ⅱ期:9月上旬~11月中旬)
      • 秋季学位記授与式
    2. 10October
      • 後期授業・実習開始(学部生、大学院生)
      • 秋季大学院入学式
      • 九大祭
    3. 11November
      • ソフトボール大会
      • 卒業論文発表会(臨床6年生)
    学生実習
  4. Winter
    1. 12December
      • 冬期休業
      • 共用試験:OSCE(臨床4年生)
    2. 1January
      • 卒業論文発表会(創薬4年生)
      • 後期実習終了
      • 共用試験:CBT(臨床4年生)
      • 大学院入学試験:博士(後期)課程
      • 病院・薬局実習(臨床5年生)
        (第Ⅲ期:1月上旬~3月下旬)
    3. 2February
      • 後期授業終了
      • 後期定期試験(1~3年生)
    4. 3March
      • 修士論文発表会(修士課程)
      • 学位記授与式
        (学部4年生・6年生、大学院生)
      • 薬剤師国家試験
    学位記授与式

先輩・在校生メッセージ

先輩からのメッセージ
松永 敦夫

持田製薬株式会社
知的財産部
副部長

松永 敦夫

(昭和57年卒、
昭和59年修士修了)

医薬品産業と知的財産権 ~薬学の知識が生きる職務の観点から~

我が国では、2002年の知的財産戦略大綱の策定以降、産官学を挙げて「知的財産立国」という国家戦略の実現に向けて取り組まれています。皆さんも、日々知的財産権に関わるニュースを見聞されていることと思います。実は医薬品産業は、知的財産権との関わりが著しく深い産業の代表です。それは非常に高いハードル(一説には、研究開発の期間15年/費用1000億円/3万分の1という極めて低い成功確立)を乗り越えて創成される一つの医薬品が、僅かな数の特許で強固に保護され得るためです。こうした特許が一製品で年間数千億円にも上るグローバルビジネスを擁護しているケースもあります。それゆえ、医薬品等のライフサイエンス分野では、1つひとつの特許の取扱いが極めて重要になります。これは、電気・機械分野の製品が、数百~数万件に至る知的財産権の集積により保護される状況とは全く異なる環境です。

製薬企業の知的財産部では、自社の研究成果を各国特許庁に出願し知的所有権として獲得する事はもちろんですが、特許情報に基づく研究プロジェクトへの方針提言や、経営層の意思決定に科学的・法律的根拠に基づく具申も行います。本来特許には、権利情報の提示(発明の保護)と併せて、技術情報を公開する(発明の利用)という重要な役割があります。各国特許庁に提出された書類はデータベース化され、出願日から1年半後には万民が利用可能になります。特許庁の審査から特許訴訟での裁判所の判決に至るまでの、個々の生業に関わる行政の取組みや司法の真摯な判断さえも、誰もがインターネットを通じて自由にアクセスできるのです。そこで、様々な戦略的意図(発明内容や出願日も調整します)の基に出願された特許情報を世界中から収集し、関連する発明の歴史を踏まえて丹念に解析することで、特定テーマの競業状況の把握や、ライバル機関の発明とのコンセプト比較、或いは国際的な医薬品ライセンスに絡む知的財産上の課題等の検討も可能になるわけです。

しかしなお医薬に関する特許は重厚であり、特許出願人の真意を読み解くには、薬学全般の体系的な知識が不可欠であるうえ研究者の目でこれを理解する必要があります。九州大学薬学部には、薬学の体系的学修と医薬品の深い研究においても素晴らしい環境が整っています。皆さんが歴史あるこの大学で薬学を心ゆくまで習得され、多方面で医療に貢献されることを祈念しております。ご活躍の場の一例として、知的財産権の分野を紹介させて頂きました。高度な専門職として、弁理士という国家資格取得の途も開かれていますよ。

岩下 弘樹

武田薬品工業株式会社
リサーチニューロサイエンス
創薬ユニット
リサーチマネージャー

岩下 弘樹

(平成4年卒、
平成6年修士修了、
平成25年社会人博士修了)

気分が優れない時、病気にかかった時、怪我をした時、薬は元気を取り戻す手助けをします。薬学部はそんな薬を創る学問(創薬)を学ぶ場所です。ちょっと想像してみてください。創薬を学んだあなたが、画期的な新薬をこの世に送り出し、病気や怪我で苦しむ人々を救う日が来ることを。あなたの創った薬が、家族や友人だけでなく、おそらく一生出会うことのない世界の何処かの誰かに、笑顔と安らぎの日々を与えるのです。これほど多くの人々を幸せにできる学問はないのではないでしょうか。

私は九州大学薬学部で創薬を学び、武田薬品工業(株)で脳の病気(中枢疾患)の治療薬の研究に従事しています。いまや創薬は世界規模の英知の集結が不可欠であり、武田薬品も世界中に研究・開発拠点をつくり、グローバル体制で創薬に取り組んでいます。国内外の大学や研究機関との共同研究を経て、最先端の知見から生み出された新薬候補は、日米欧の開発チームによって人での有効性、安全性が徹底的に検証され、世界各国の承認審査を経て、晴れて新薬として世に出ます。何万もの化合物(薬の種)から新薬が生み出されるまでに、数多くの失敗と、10年以上の年月が必要です。しかし、そのたった1錠の新薬は、確実に世界中の人々の人生を変える力を秘めています。あなたもこの九州大学薬学部で創薬を学び、新薬を開発しませんか。

秋光 信佳

東京大学
アイソトープ総合センター
教授

秋光 信佳

(平成6年卒、
平成8年修士修了)

大学で学ぶとは

近い将来、人工知能が人間の能力を超えるシンギュラティと呼ばれる時代に我々は到達すると言われています。また、遺伝子を人工的に自在に改変できるゲノム編集技術が実用化され、デザイナーベイビーすらも現実のものとなりつつあります。さらに、合成生物学という分野が発展しており、全く新しい生物を作り出すことも可能な時代が迫っています。我々の生きる現代は、まさに怒濤のごとくダイナミックに変化しています。このような時代、我々が身につける知識はすぐに役に立たなくなるかのようにも思えます。実際、単なる知識はすぐに陳腐化してゆきます。では、このような時代に大学で学ぶ意味とはなんでしょうか?私は、このような時代だからこそ、より一層、確固とした基礎知識と論理的思考法を身につけることがますます重要になってくると考えています。この観点から、大学における「学び」はより一層重要度を増します。なぜならば、大学では、世界に対する疑問を主体的に持ち、ヒントを得るために先人の叡智に当たり、その上で論理的思考を拠り所として自ら納得する答えを探り出す作業を学びます。時には苦しみを伴う作業でもありますが、心底納得できる答えにたどり着いたときには、新しい世界が開けて非常に大きな充実感を感じることができます。このような体験こそ、大学で学ぶ醍醐味です。そして、この体験を通じて、強固な知的基盤と論理力を手にすることができるのです。

薬学は、物理・化学から生物学までの幅広い学問領域から構成される学際的学問分野です。現代人にとって必須な教養である生命科学について、多様な側面から学ぶことができる学問が薬学です。また、創薬や医療薬学などの実学としての側面も持ち、社会と密接につながった学問でもあります。したがって、学術的刺激のみならず、社会との接点についても常に考える学問分野といえます。これからの激動の時代を生き延び、新しい社会を構築する皆さんに必要な多くの刺激を薬学は与えてくれることでしょう。是非、大学での学びを存分に味わい、世界を変える力を身につけて下さい。そして、ともに新しい世界を作っていきましょう。

出水 庸介

国立医薬品食品衛生研究所
有機化学部
部長

出水 庸介

(平成13年卒、
平成18年博士修了)

私が九州大学の薬学部を卒業して16年、有機化学の分野で博士課程を修了して11年経ちますが、その後、創薬化学、計算機科学、遺伝子工学、規制科学、と異なる分野で研究を行ってきました。現在は、厚生労働省所管の試験研究機関のひとつである国立医薬品食品衛生研究所有機化学部で、国民の生活に関わる様々な化合物(医薬品、食品、医療機器、化学物質など)の品質、安全性、有効性を正しく評価するための有機化学的研究を行っています。これらの研究を行うにあたっては、香川県、長崎県、東京、アメリカ、と「根無し草」研究者として学んできた様々な知識が大いに役に立っています。

昨今、人工知能(AI)の技術を利用したAI創薬が活発化しており、これまで以上にグローバルな新薬開発競争が激化するなかで、高度な専門性を持つ「スペシャリスト」研究者だけでなく、広い知識をもつ「ジェネラリスト」研究者の活躍が求められています。一つのことを極めるのはもちろん大切なことですが、数え切れないほどの選択肢がある今の時代においては、迷うことも多いでしょう。「迷う」ということは、言い換えれば「興味がある」ということでもありますので、若い時には自分の直感を信じ色んな事にチェレンジして自分の「道」を見つけて欲しいと思います。

高校生の皆さん、幅広い分野を勉強しながら、高い専門性を身につけることができ、一生の友人や恩師と知り合える九州大学薬学部で自分の道を見つけてみませんか?

藤井 哲朗

厚生労働省(環境省出向中)

藤井 哲朗

(平成16年卒、
平成18年修士修了)

振り返ると高校時代、病気のときに飲んだ薬のことを思い出し、興味のあった化学を活かして漠然と困っている人の役に立ちたいという思いから、薬学部を志したことを覚えています。一方で心の隅には、身近に医療関係者はおらず、高校で生物を履修していなかったこともあり、入学後は茨の道かもしれないという不安もありました。

薬学部のカリキュラムは、低年次はいわば基礎固め、学年を重ねれば創薬・臨床の現場に近づく体系的な構成になっていますので、実際は丁寧に勉強すれば大丈夫ですし、1つ1つが生命に、実社会に関係しているため、意外にも趣味のように楽しめた印象があります。先生方も人間味あふれる方が多く、何度かの熱い指導も良い思い出ですが、総じて優しく親身に接してくださいましたし、実習・研究や行事を通して学年を超えた繋がりもあるなど、全体がアットホームな雰囲気で、個人的には浪人という小休止こそしたものの、恵まれた環境だったと思います。

卒業後に就いた公務の仕事を通しても、日々、薬学は進歩を遂げている学問であることを強く感じます。厚生労働省で医薬品の承認審査の担当をした際には、新しい作用機序の抗がん剤が次々実用化されたこともさることながら、従来は完治が難しかったC型肝炎が、新薬の登場により飲み薬の服用だけで高い治療効果を挙げ、完治する疾患とも言えるようになってきたことには、大きな時代の変化を感じたところです。さらに、最近は抗体などバイオ医薬品隆盛の時代で、またDNAを標的とした核酸医薬も開発されるなど、グローバル化とも相俟ってこの約20年で特に飛躍的な進歩を遂げています。それだけに安全対策・適正使用や品質の確保が重要であり、薬学出身者の高い専門性がこれまで以上に求められるため、ライフワークとすれば創薬でも臨床でも十分なやりがいが感じられると思います。こうした中で行政に携わる立場としても、国民、関係業界、各種団体等の意向を理解しながら、科学的・社会的な視点から説明のつく施策を立案・実施する役割を果たすべく、責任感と緊張感、バランス感覚を持って取り組んでいます。

現在は環境省に出向し、環境を介した化学物質の影響を未然に防ぐ施策に携わっていますが、化学と生活衛生を専門とする薬学出身者は、医療分野のみならず、食品、化学工業、環境、労働、生活衛生等、様々な領域で幅広く活躍しています。道は想像以上に大きく拓けていることも、皆さんにお伝えしなければなりません。

最後になりますが、社会で大きく活躍したいと願う皆さんの思いに、九州大学薬学部は十分応えることができるはずですので、安心して学生生活を謳歌していただきたいと思います。ぜひ、自分を信じ、向上心を持って、日々謙虚に努力を積み重ね、皆さんの夢を実現させてください!

在校生からのメッセージ
古庄 仰

創薬育薬産学官連携分野
博士1年

古庄 仰

九州大学薬学部には2つの学科があり、僕は4年制の創薬科学科を卒業して、現在大学院の修士課程で学んでいます。

薬学部の3年生までは、主に薬学に関する基礎的な知識・技術を学びます。有機化学、生物、物理といった理科系科目に加えて、薬物の作用機序について学んだり、実験手法を習得したりします。その後、4年生からは研究室に所属し、それぞれが研究を行っていくことになります。薬学部、といってもやっていることは薬のことだけではなく、例えば僕はアミノ酸の分析を切り口として、病気の早期診断の研究をしています。薬学の範囲は広く、きっと皆さんの興味のある分野が見つかると思います。

「研究」というのは高校生の皆さんにはイメージしにくいかもしれません。僕自身もまだまだ研究に関しては素人です。
しかし、この3年間で分かったこと、学んだことは数えきれないほどあります。失敗を繰り返し、頭を悩ませ、それでも先輩や先生の助言を受けつつ、試行錯誤してうまくいった時の喜びはひとしおです。

自分のやっていることでいつか誰かの命を救うことが出来るかもしれない、というのはすごいことだと思いませんか。

ぜひ、九州大学薬学部で自分の可能性に挑戦してみませんか?

森田 友己

薬物分子設計学分野
修士2年

森田 友己

私は4年制の創薬科学科を卒業後、修士課程に進学し、病で苦しんでいる人のために画期的な薬を創るべく日々勉強と研究をしています。

創薬科学科では1~3年次では臨床薬学科とともにいろんな基礎知識を授業や実験実習を通して学んでいきます。
この3年間で化学、物理、生物、それ以外の数多くのことも学び、将来自分がどのようなことを勉強、研究したいのかをじっくりと考えることができます。

そして、4年次からは実際に研究室に配属され、それまでの3年間で習ったことやさらに多くの知識を身につけながら実際に研究をしていきます。研究というのは、わかっていることを行うのではなく、まだわかっていない未知の領域を解明するために、そして私たちは薬学部なので、そこから何か新しい画期的な薬を作るために行うものです。未知の領域、まだ誰も踏み入れたことのないことを行おうとするのですから失敗というのはつきもので、研究の95%は失敗するといわれています。しかし、そんな中でも自分の力で何か新しい発見を見つけることができ、しかもそれが何か人のために役に立つかもしれないと考えるとすばらしいとは思いませんか。

もし、将来の夢を考えていて薬に携わりたいと少しでも思っているのならぜひ九州大学薬学部にお越しください。お待ちしています。

香川 竜希

薬物動態学分野
修士1年

香川 竜希

私は病気で苦しんでいる人が一日でも早く健康になるための新薬開発に貢献できたらという思いから創薬科学科に進学しました。

ここでは1年から3年の間に薬学の基礎となる教養科目を勉強して、4年生から研究室に配属され各々のテーマに沿った研究を行います。ひとくくりに創薬科学科といっても新しい化合物を設計し医薬品開発に貢献することを目的とする研究室や、薬の体内での動きを観察し臨床に応用することを目的とする研究室など様々な分野が存在します。初めの3年間で自分がどのタイプの研究がしたいのかを授業内容や、3年次に行われる実験実習を通してじっくりと決めることができるので、今の段階で具体的な進路・目標が決まっていないけど必ずやりたいことが見つかると思います。

そして4年生になっていざ研究といっても、高校生のみなさんはイメージしにくいかも知れません。私自身、研究素人なのでまだまだ分からないことだらけですが、今努力して失敗しながら多くのことを学び、新たな発見をすることで何人もの人が将来自分の携わった研究で笑顔になれると考えるととてもやりがいがあります。

人の役に立ちたいと思っている友人といろいろな意見を交換し切磋琢磨しながら、将来素晴らしい創薬研究者へと成長することのできる環境がここにはあると思います。みなさんぜひ九大薬学部にお越しください。

成松 康貴

医薬細胞生化学分野
創薬科学科4年

成松 康貴

私は高校生の時理科が得意で、得意分野で将来人の役に立てることをしたいという思いから創薬科学科に進学しました。

九州大学薬学部では3年次までに基礎的な知識や実験技術を学びます。そして3年生の1月から研究室に配属されて研究を行っていきます。私はまだ研究を始めたばかりで分からないことも多いのですが、実験手技の獲得や専攻分野の勉強を日々頑張っています。

薬学部の魅力として薬のことだけでなく化学、生物などの広い分野のことを学べることがあると思います。私は高校生の時生物は履修していなかったのですが、大学の講義で生物分野のことを学んで興味を持ち、今では生物系の研究室に所属しています。薬学部に入って新しく興味のあることややりたいことが見つかるかもしれませんよ。

さらに薬学部は1学年の人数が少ないため横のつながりが強くなります。またバレーやテニス等の薬学部の人が多数在籍しているサークルもあるため先輩、後輩と交流する機会がたくさんあります。

このように薬学部には将来創薬研究者になるために成長できる環境があると思います。ぜひ九州大学薬学部へお越しください。

堀内 有徳

環境調和創薬化学分野
臨床薬学科4年

堀内 有徳

私は薬を通じて身近なところで人々の役に立ちたいという思いで、薬剤師免許の取れる臨床薬学科に進学しました。

九州大学では1~3年の間に薬学の基本を学んだ後、臨床薬学科も創薬科学科同様に研究室配属が行われます。生物系や物理系、化学系など多くの選択肢がある中で、私は実験実習で興味を持った有機化学の研究室を選び、心筋症に関わる化合物の研究を行っています。今どういう道に進みたいか具体的に決まってない方も3年間のうちに自分のやりたいことがきっと見つかると思います。

また、研究と並行して薬剤師免許を取れることが臨床薬学科の大きなメリットだと思います。私たちは5年次の病院、薬局実習、6年次の国家試験、未来の医療従事者として、患者さんに対するシミュレーションや、薬に関する法律も学んでいるところです。このように薬剤師としてのスキルが磨けるだけでなく、薬学全体の幅広い知識と研究の経験によって、多くの視点を持った研究者として企業で活躍されている方も少なくありません。

薬剤師と研究者という2本の柱を通して私自身もまだまだ学ぶことだらけです。もし、将来の夢を考えていて薬に携わりたいと少しでも思っているのならぜひ九州大学薬学部にお越しください。