SiteMap Close

総合情報

ホーム > 総合情報 > 沿革・ポリシー

沿革・ポリシー

薬学部の沿革

薬学は物質の科学と生体の科学との融合深化を図るとともに、健康の維持・増進のため疾病の予防・治癒に向けた医薬の創製とその適正使用及び環境に関わる科学を体系的に探究し、その成果を具体的な科学技術や技能として社会へ還元することによって人類の医療・福祉に貢献する学問分野である。

21世紀の人々の健やかな生活のためには、難病と新興疾患に対する画期的な治療薬の創出がこれまで以上に望まれている。それには、創薬に関わる科学、医薬品の科学および健康科学についての確固たる専門的能力に立脚した総合力に加え、問題解決能力を持った研究者の育成が必要不可欠である。

薬学部の沿革 一方、近年の医療の高度化、複雑化、高齢社会の到来、医薬分業の急速な進展等の状況の中、薬剤師には、医薬品の適正使用を推進するため、服薬指導・薬歴管理・リスクマネジメント・安全な薬物療法の提供・医薬品情報の伝達や治験の推進等の業務など、これまで以上に医療の担い手としての役割を果たすことが強く求められている。調剤薬局においても一層のサービス向上の推進や、病院においては医療チームの一員として、薬剤師の積極的な役割が増大している。このことから、基礎的な知識・技術はもとより、高い倫理観、医療人としての教養、医療現場に通用する実践力など、薬剤師の資質の一層の向上を図る必要がある。

このように新しい時代が必要とする薬学を担う人材を養成するため、平成18年度より薬学部は創薬科学科と臨床薬学科の二学科制となった。

薬学部の教育研究上の目的

創薬科学科
創薬科学科

人々の健康を維持するためには、癌をはじめとする難病や新種のウイルスなどの新興疾患に対する治療薬や予防薬の開発が必要である。このためには、生命のメカニズムの解明や障害因子の特定、並びにそれらの情報を基に副作用の少ない標的に特異的に働く理想的な医薬品の開発が欠かせない。薬を創る、いわゆる創薬産業は我が国で発展が期待される次世代産業の一つと捉えられており、これを育成・発展させることが望まれている。
薬学部創薬科学科は、創薬研究に関連する教育を強化し進めることで、最先端の創薬研究に対応できる高い能力を持った、国際的に活躍できる研究者や指導者を養成する。

臨床薬学科
臨床薬学科

人々の健康を維持するためには、癌をはじめとする難病や新種のウイルスなどの新興疾患に対する治療薬や予防薬の開発が必要である。このためには、生命のメカニズムの解明や障害因子の特定、並びにそれらの情報を基に副作用の少ない標的に特異的に働く理想的な医薬品の開発が欠かせない。薬を創る、いわゆる創薬産業は我が国で発展が期待される次世代産業の一つと捉えられており、これを育成・発展させることが望まれている。
薬学部創薬科学科は、創薬研究に関連する教育を強化し進めることで、最先端の創薬研究に対応できる高い能力を持った、国際的に活躍できる研究者や指導者を養成する。

薬学部の3つのポリシー(ディプロマポリシー、カリキュラムポリシー、アドミッションポリシー)

薬学府の沿革

薬学府の沿革 九州大学薬学部は、昭和25年に九州大学医学部薬学科として発足し、昭和39年に薬学部として独立しました。その後現在に至るまで様々な変遷を続け、大学院重点化(大学院に、より重点をおいて、教育研究組織を構成すること)に伴い、平成12年度からは、薬学部・薬学府・薬学研究院の3つの組織からなる体制に改められました。

これは、九州大学が全国で初めて導入した「学府・大学院制度」、すなわち、大学院の教育研究組織である「研究科」を、大学院の研究組織としての「学府」(Graduate School)と、教員の所属する研究組織である「研究院」(Faculty)とに分離し、相互の柔軟な連携を図るための制度です。

この制度改革により、薬学府の大学院生を薬学研究院のみならず他の研究院(例えば医学研究院や理学研究院)の教員が共同して指導することができ、従来の学問分野を超えた次世代の先端的・学際的研究者を育成し輩出することを目指しています。

薬学府の教育研究上の目的

創薬科学専攻(修士課程)
創薬科学専攻(修士課程)

人々の健康を維持するためには、癌をはじめとする難病や新種のウイルスなどの新興疾患に対する治療薬や予防薬の開発が必要である。このためには、生命のメカニズムの解明や障害因子の特定、並びにそれらの情報を基に副作用の少ない医薬品の開発が欠かせない。薬を創る、いわゆる創薬産業は我が国で発展が期待される次世代産業の一つと捉えられており、これを育成・発展させることが薬学の使命となっている。
創薬科学専攻(修士課程)では、医薬品の創製にかかわる生命科学、生体情報科学および医薬品化学の基礎的研究を推進することで人類の健康・福祉に貢献する研究者・教育者の育成を目的とする。

創薬科学専攻(博士後期課程)
創薬科学専攻(博士後期課程)

創薬科学専攻(博士後期課程)は医療や福祉に貢献することを基本理念としており、この理念の下、物質の科学と生体の科学との融合および深化を図り、疾病の予防や治療薬の創製あるいは環境に関わる科学を体系的に学修できる体制を構築する。また、得られた成果を具体的な科学技術や技能として社会に還元し、21世紀における高度知識社会・高齢化社会に貢献することも目的とする。
創薬科学専攻(博士後期課程)では、幅広い知識を生かした高度融合型の研究を実施できる人材、課題を探求し問題を解決できる能力を備えた人材、社会の要望に対応した実践型の研究を実施できる人材、国際的競争力を備えた研究者あるいは教育者としての人材、創薬科学と臨床薬学とのコラボレーションにより新たな研究領域を開拓できる能力を備えた人材を育成する。

臨床薬学専攻(博士課程)
臨床薬学専攻(博士課程)

臨床薬学専攻(博士課程)は、薬の専門家として創薬や医薬品の適正使用に関する研究などを通じて人類の医療・福祉に貢献することを基本理念としている。この理念に基づき医療現場で活躍できる高度な知識および技能を持った臨床薬学研究者、教育者の育成を目的とする。したがって、臨床薬学専攻(博士課程)では、薬学領域の最先端の研究を通して、臨床上の問題を提起あるいは抽出する能力や解決する能力を持つ研究者を養成し、高度化・専門化する医療現場、教育・研究において指導的な立場で活躍できる人材を育成する。

薬学府の3つのポリシー(ディプロマポリシー、カリキュラムポリシー、アドミッションポリシー)