SiteMap Close

研究成果

ホーム > 研究成果 2023年 > 詳細ページ

研究成果 2023年

研究成果
COVID-19 治療薬の副作用の仕組みを解明
-受容体経路を抑制することで副作用改善の可能性-
生理学分野 Communications Biology
2023.05.19

アクセス数:1984

COVID-19 治療薬の副作用の仕組みを解明

-受容体経路を抑制することで副作用改善の可能性-

 

 COVID-19 に対する抗ウイルス薬として使用されるレムデシビルは、頻度は低いものの、洞性徐脈(どうせいじょみゃく)や低血圧、QT時間延長といった心機能への副作用が報告されており、その影響が懸念されています。しかし、その機序は不明でした。東北大学加齢医学研究所の小川亜希子助教、魏范研教授、同大学医学部生の大平晟也氏、大学院薬学研究科の井上飛鳥教授らは、九州大学大学院薬学研究院、国立医薬品食品衛生研究所との共同研究により、レムデシビルが心筋細胞 に発現するウロテンシン受容体を活性化することで受容体応答を引き起こし、心機能に影響を与えることを発見しました。

 核酸の一種であるアデノシンが細胞膜上に存在する受容体を活性化することは古くから知られていましたが、そのアナログ製剤であるレムデシビルの受容体活性については知られていませんでした。本研究で新たに明らかにした受容体経路を抑制することで、レムデシビル使用による副作用の改善が期待されます。本研究結果は、2023512日付で科学誌 Communications Biology に掲載されました。

 

 

タイトル: Activation of the urotensin-II receptor by remdesivir induces cardiomyocyte dysfunction

著者: Akiko Ogawa, Seiya Ohira, Yuri Kato, Tatsuya Ikuta, Shota Yanagida, Xinya Mi, Yukina Ishii, Yasunari Kanda, Motohiro Nishida*, Asuka Inoue*, and Fan-Yan Wei1*.

掲載誌:Communications Biology

*責任著者:東北大学加齢医学研究所 教授 魏范研、東北大学大学院薬学研究科 教授 井上飛鳥、九州大学大学院薬学研究院 教授 西田基宏

DOI10.1038/s42003-023-04888-x

 

本研究の詳細についてはこちら https://www.kyushu-u.ac.jp/f/52761/23_0516_01.pdf


本成果は、5月16日付けYAHOO!ニュースでも取り上げられました。https://news.yahoo.co.jp/articles/178bc6a78fa2b9740dee01357d8d7576c98a54c3