HOME > 受験生の皆様 > 高校生の方へ > 卒業後の多彩な進路
高校生の方へ | 卒業後の多彩な進路
薬学への招待(薬学会) 薬学への招待(九薬編) 薬学部の研究室は君を待っている
キャンパスライフ 卒業後の多彩な進路 先輩・在校生メッセージ
 
医薬品産業
薬が生まれるまでには生命科学全般にわたる幅広い基礎研究、安全性の研究、それらを統合して実用的な薬を創製する開発研究など、幅広い研究活動と情報が必要です。現在、薬学者は、医薬品産業において医師、獣医師、農学者、工学者、看護師、栄養士、法律家など全ての医療関係者と協力して、薬の創製・生産に中心的な役割を果たしています。現在、企業の研究職では、研究者に対して医薬品開発における幅広い知識及び経験に基づく即戦力が要求されており、大学院への進学は不可欠と言えます。
 
 
薬剤師
薬剤師の役割は、いわゆる狭義の「調剤」にとどまらず、(1)薬の専門家として医療現場において、医師や看護師に薬に関する情報を提供すること、並びに(2)患者が最良の薬物療法を受けられるように、服薬指導らを通じて医療の現場で医療チームの一員として、患者に指導助言を与えること等が挙げられます。近年、薬剤師の果たす役割は増加の一度をたどり常に新たな医療情報及び技能が要求されています。このような薬剤師の職務にこたえるための必要な専門知識・技能を身につけるために大学院へ進学する人が年々増えています。
 
 
国立・公立研究所の研究職、大学の教員
薬の創製や適用に関する基礎的研究のみならず、臨床医療を志向した生命科学の諸分野で活躍する研究者への道を歩む先輩が大勢います。学部を卒業したのち、大学院へと進学します。
 
 
国、地方公共団体
厚生労働省、環境法や地方公共団体の薬務、保健衛生、公害関係の職務、特許庁審査官、麻薬取締官などの行政職・技術職として重要な役割を果たしている先輩が大勢います。
 
 
その他
薬学府の教育・研究内容は大変幅広く学際的なものですから、薬学府卒業生の進路は薬学固有の領域にとどまりません。コンピュータ・ソフトウェア、ジャーナリズム、電気産業、商社、特許事務所など様々の業界で活躍している先輩もいます。