HOME > トップニュース > 詳細ページ
トップニュース | 詳細ページ
 
 
 
タイトル 脂肪の「錆び」が癌化を促進することを発見(生命物理化学分野)
生命物理化学分野の山田健一教授らの研究グループは、体内の脂肪が酸化される際に 生じる「脂質ラジカル」と呼ばれる中間体の検出技術(蛍光プローブ)を開発し、脂質ラジカル が実際に肝細胞がん発症に極めて重要な役割を担っていることを明らかにしました。



論文名
Fluorescence probes to detect lipid-derived radicals

Ken-ichi Yamada, Fumiya Mito, Yuta Matsuoka, Satsuki Ide, Kazushige Shikimachi, Ayano Fujiki, Daiki Kusakabe, Yuma Ishida, Masataka Enoki, Arisa Tada, Miyuki Ariyoshi, Toshihide Yamasaki & Mayumi Yamato

Nature Chemical Biology 2016, in press
http://www.nature.com/nchembio/journal/vaop/ncurrent/full/nchembio.2105.html

九州大学プレスリリース
http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/university/publicity/pressrelease/latest/

生命物理化学分野
http://bukka-kyushu.wix.com/pcls

ファイル
日付 2016-06-14 15:11