SiteMap Close

研究成果

ホーム > 研究成果 2022年 > 詳細ページ

研究成果 2022年

研究成果
新型コロナウィルスの増殖を抑えるコバレントドラッグを開発
―COVID19の新たな治療薬として期待―
創薬ケミカルバイオロジー分野、グローバルファーマシー分野 Journal of Medicinal Chemistry
2022.10.20

アクセス数:1278

新型コロナウィルスの増殖を抑えるコバレントドラッグを開発

COVID19の新たな治療薬として期待―

 

 新型コロナウィルス感染症(COVID-19)による世界的なパンデミックは、世界中の国々で医療、健康上の深刻な脅威であり、経済⾯も含めて⼤きな障害となっています。現在、COVID-19 の治療に⽤いられている治療薬は、効果が不⼗分である、使⽤上の制限があるなどの問題をかかえており、より強いウイルス増殖抑制効果と⾼い安全性を⽰す新しい治療薬の開発が求められています。
 今回、九州⼤学⼤学院薬学研究院の王⼦⽥ 彰夫 教授、川⻄ 英治 講師、進藤 直哉 助教らの研究グループは、新型コロナウィルスの増殖を抑制するコバレントドラッグ(1)YH-6 の開発に成功しました。YH-6 は、新型コロナウィルスの3CL-プロテアーゼ(2)の機能を強⼒に阻害して、コロナウィルスの増殖を阻害し、抗ウイルス作⽤を⽰す、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)経⼝治療薬候補です。
 本研究は、北海道⼤学⼈獣共通感染症国際共同研究所の澤 洋⽂ 教授ならびに佐藤 彰彦 客員教授(塩野義製薬)との共同研究の成果であり、⽇本医療研究開発機構(AMED)の新興・再興感染症に対する⾰新的医薬品等開発推進研究事業ならびに創薬等先端技術⽀援基盤プラットフォーム(BINDS)の助成のもとに⾏われた研究です。
 今後は、YH-6 の化学構造をさらに進化させ、新しいタイプの新型コロナウィルス感染症(COVID-19)経⼝治療薬の創製を⽬指して研究開発を進めていきます。
 本研究成果は、⽶国化学会の学術誌「Journal of Medicinal Chemistry」に2022 10 14 ()に掲載されました。

 

掲載誌: Journal of Medicinal Chemistry
タイトル: Discovery of Chlorofluoroacetamide-Based Covalent Inhibitors for Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus 2 3CL Protease
著者名:Yuya Hirose, Naoya Shindo, Makiko Mori, Satsuki Onitsuka, Hikaru Isogai, Rui Hamada, Tadanari Hiramoto, Jinta Ochi, Daisuke Takahashi, Tadashi Ueda, Jose M.M. Caaveiro, Yuya Yoshida, Shigehiro Ohdo, Naoya Matsunaga, Shinsuke Toba, Michihito Sasaki, Yasuko Orba, Hirofumi Sawa, Akihiko Sato, Eiji Kawanishi*, Akio Ojida*


https://doi.org/10.1021/acs.jmedchem.2c01081