HOME > 総合情報 > 沿革・案内 > 教育・研究体制
沿革・案内 | 教育・研究体制
教育研究上の目的・3ポリシー 教育・研究体制 国際交流・留学
研究活動の理念・目標 キャンパス・セクハラ防止の取り組み 男女共同参画推進室
 
九大薬学部は、昭和25年に九州大学医学部薬学科として発足し、昭和39年に薬学部として独立しました。その後現在に至るまで様々な変革を続け、大学院重点化(大学院に、より重点をおいて、教育研究組織を構成すること)に伴い、平成12年度からは、薬学部・薬学府・薬学研究院の3つの組織からなる体制に改められました。
これは、九州大学が全国で初めて導入した「学府・大学院制度」、すなわち、大学院の研究組織である「研究科」を、大学院の研究組織としての「学府」(Graduate School)と、教員の所属する研究組織である「研究院」(Faculty)とに分離し、相互の柔軟な連携を図るための制度です。
この制度改革により、薬学府の大学院生を薬学研究院のみならず他の研究院(例えば医学研究院や理学研究院)の教員が共同して指導することができ、従来の学問分野を超えた次世代の先端的・学際的研究者を育成し輩出することを目指しています。
 
 
学校教育法および薬剤師法の一部改正に伴い、平成18年度から薬剤師養成教育が従来の4年制から6年制へと変わりました。この制度的改正を受けて、九州大学薬学部では、実務能力の高い薬剤師を養成する教育年限6年の「臨床薬学科」と、創薬に関わる研究者を育成する教育年限4年の「創薬科学科」の2学科制を設けています。薬剤師国家試験の受験資格は、6年制の「臨床薬学科」の卒業生に付与されます。
 
 
 
薬剤師養成の「臨床薬学科」
近年の医療の高度化、複雑化、高齢化社会の到来、医薬分業の急速な進展等の状況の中、薬剤師には、医療品の適正使用を推進するため、服薬指導・薬歴管理・リスクマネージメント・安全な薬物療法の提供・医薬品情報の伝達や治療の推進等の業務が社会的に強く求められています。そのため、これからの薬剤師には、薬局における一層のサービス向上、病院における医療チームの一員としての積極的な役割が期待されています。
「臨床薬学科」では、広い視野と豊かな人間性を有し、かつ医療人としての質の高い薬剤師を育成するとともに、医療薬学の将来を担う指導者、教育者や、研究者へと発展可能な人材を育成することを目指しています。
 
 
 
研究者養成の「創薬科学科」
21世紀の人々の健康を維持するためには、治療薬や予防薬などの新しい医薬品の創製が必要になっています。医薬品の創製には、生命のメカニズムの解明や傷害因子の特定、並びにそれらの情報を基に副作用の少ない理想的な医薬品の発見や設計ならびに化学合成が必要です。そのため、創薬研究者には、これらの幅広い学問分野に精通しつつ得意な専門分野を極められる総合的な能力が期待されています。
「創薬科学科」は、創薬研究に関連する教育を強化し、社会で活躍できる職業研究者、ならびに最先端の創薬研究において国際的に活躍できる指導的研究者の養成を目指しています。
 
 
教育・研究組織
 
学部教育
九州大学における学部教育の授業科目は大きく全学共通教育科目(基幹教育)と学部専攻教育科目に分けられています。薬学部では入学後、教育水準向上を目的とした教育や高年次の専門教育に適応するための基礎的な科目を中心とした科目の履修が課せられます。学部専攻教育では、基礎薬学としての化学系薬学、物理系薬学、生物系薬学および有機系薬学などの科目を履修し、薬剤師および創薬研究者としての基礎を習得します。
 
臨床薬学科
「臨床薬学科」では学部教育課程6年の前期(3年)において基礎薬学系科目群を中心に学習したのち、後期3年からは医療薬学系の科目を中心とした薬剤師の職能教育に必要な実践薬学系科目群を履修します。
4年次の後期に行なわれる予定の共用試験に合格した学生を対象に、5年次に5ヶ月にわたる病院・薬局での業務参加形式の実務実習を行い、医療現場で適用する薬剤師としての職能的実践能力を習得します。そのため、4年次から共用試験・実務実習に備えた学内事前学習(講義と2ヶ月程度の実習)を行ないます。また、5年から6年次には、卒業実習・卒業研究に取り組み、医療薬学の将来を担う科学的思考能力を備えた薬剤師としての素質を身につけます。
創薬科学科
「創薬科学科」では、学部教育課程4年の3年間で創薬研究に必要な化学系薬学、物理系薬学、生物系薬学、有機系薬学を学びます。また、これらの幅広い専門教育科目を実際に学びながら将来の進むべき専門を決定する事が出来ます。4年次の1年間は、研究室に所属して、薬学研究院の教員による指導の下で、最先端研究(薬学特別実習)に取り組み専門性の高い創薬研究者としての第一歩を踏み出します。優れた医薬品の創製は、多彩な専門分野の技術・知識の集約の結果生み出されます。薬学は様々な科学分野を創薬科学という医薬品創薬に関わる学問を通して体系的に学ぶことが出来る領域であり、生命科学に関する幅広い知識が創薬科学研究者に求められています。
 
学府(大学院)教育
九州大学は、教育・研究に関する拠点大学・大学院大学として位置づけられています。そのため、重点化大学院としての九州大学の使命は、先端的研究とそれに従事できる人材養成を通して社会に貢献することです。薬学府は博士課程4年間の「臨床薬学専攻」と修士課程2年間と博士後期課程3年間からなる「創薬科学専攻」に分かれています。大学院は高度な専門知識と技術を獲得した人材、すなわち博士号を取得した研究者や高度専門職業人を養成することを目的としています。
薬学府や薬学研究院は、合計25の研究分野(専攻分野)に分かれて研究と教育活動を行っています。それぞれの専攻分野には担当教員が在籍して研究並びに学部学生と大学院生の教育を担当しています。平成29年4月1日現在、薬学府には教授21名、准教授(講師)20名および助教26名が所属して活動しています。
 
薬剤師国家試験の受験資格
薬剤師国家試験の受験資格は、6年制の「臨床薬学科」の卒業生に付与されます。
 
転学科
創薬科学科と臨床薬学科間における転学科制度を設けており、3年次までの成績等により選考の上、若干名の転学科を認めることがあります。
 
 
平成28年3月時点までで、薬学部卒業者数は4432名、修士課程修了者は2359名に達しています。また、博士の学位取得者は1146名に登っています(論文博士を含む)。学部の卒業生や大学院を修了した学生は、製薬企業の研究者、開発担当者、官公庁の技官、大学の教員あるいは病院薬剤部の薬剤師など広い分野で活躍しています。
九州大学大学院薬学研究院・薬学府及び薬学部では、新しいくすりをつくるための化学、有効で安全なくすりをつくるための生体のしくみの科学、くすりを適正に使うための科学について教育と研究に励んでいます。