HOME > 総合情報 > 研究室紹介 > 化学療法分子制御学
研究室紹介 | 化学療法分子制御学
 
[連携講座] 化学療法分子制御学 Molecular Recognition Of Chemotherapy
 
教授 Professor 瀧口 総一 [博士(薬学)] Soichi Takiguchi, Ph.D.
教授 Professor 中島 創 [博士(薬学)] Hajime Nakajima, Ph.D.
 
平成11年4月に化学療法研究室が学外協力講座として発足したが、現在は臨床研究部全体が薬学部と連携する形態となっている。臨床研究部長である岡村の専門は、小児腫瘍、造血幹細胞移植の臨床であり、瀧口は化学療法・放射線研究室において、遺伝子ノックアウトマウス作成などの技術を駆使して、癌転移関連遺伝子の解析を中心とした基礎研究を行っている。当臨床研究部の基礎部門では、これまで新規化学療法剤の作用機序の検討、骨転移機構の解明と治療への応用、担癌患者における免疫機能の解析、コレシストキニン受容体の解析、癌転移関連遺伝子の機能解析、各種造血幹細胞移植に関する基礎的検討などを行ってきた。さらに、厚生労働省からの研究費により「膵癌に関する基礎的、臨床的な研究」「遺伝子異常を標的とした治療法の開発に関する研究」の研究班を組織して研究を実施してきた。平成12年度からは、九州地区の諸施設や国立がんセンターの研究者と協力して、西日本に特有で極めて予後の悪い成人T細胞白血病(HTLV-Ⅰウイルスの感染により発症する)を対象とした新規同種移植療法術に関する新たな臨床研究に取り組んでいる。
 
各研究室専任スタッフは現在次のような研究を行っている。
担癌状態における免疫反応を種々のパラメーターを解析し、免疫療法の効果を基礎的および臨床的に検討(免疫研究室)
癌の骨転移および腫瘍随伴症候群の発症機構とサイトカインとの関連を明らかにし治療法として臨床応用および分子生物学的な方法での膵癌の早期診断(生化学研究室)
腎細胞癌の発生機構ならびに進展機構における遺伝学的変化の解明(癌細胞に認められる染色体異常及び癌関連遺伝子の変化)および遺伝子ノックアウトマウスを使用した癌関連の新しい遺伝子の解析(化学療法・放射線研究室)
独自に開発した解析系による多種の標本を用いての腫瘍(再)罹患リスクの評価と化学療法の奏効度予測に関する研究(病理研究室)
 
Research
The Research Institute has six faculty members, both clinicians and basic researchers, who are involved in the wide range of research projects such as hematopoietic stem cell transplantation, the mechanism of bone metastasis, immunotherapy, cytogenetics and molecular biology. We are focusing on various aspects of cancer (metastasis, resistance to chemotherapy and genetic alteration) and their clinical applications. One of the research projects deals with a new cancer metastasis-associated gene. Using gene knockout mice, our goal is to explore the biological significance of the gene in order to obtain a better understanding of the molecular mechanism of cancer metastasis.
 
代表論文
Abnormal expression of the Wilms' tumor gene, WT1, in juvenile chronic myeloid leukemia and infantile monosomy syndrome. Leukemia Res 10:965-967, 1998, Sako M, Ogawa H, Okamura J et al:
Thymus-independent expansion of T lymphocytes in children after allogeneic bone marrow transplantation. Bone Marrow Transplant. 25:647-52, 2000, Honda K, Okamura J, Hara T et al.
Polymorphism of transforming growth factor-β1 and transforming growth factor-β1 typeⅡreceptor genes are associated with acute graft-versous-host disease in children with HLA-matched sibling bone marrow transplantation. Bone Marrow Transplant 30:665-671, 2002, Hattori H, Okamura J, Hara T et al.
Characterization of mouse metastasis-associated gene2; genomic structure, nuclear localization signal and alternative potentials as transcriptional activator and repressor. DNA & Cell Biol 21: 603-611, 2001. Matsusue K, Takiguchi S et al.
Role of CCK-A receptor for pancreatic function in mice: a study in CCK-A receptor knockout mice. Pancreas 24: 276-283, 2002. Takiguchi S et al.
 
分野連絡先
瀧口 総一 (Soichi Takiguchi)
TEL:092-541-3231
FAX:092-551-4585
E-mail:sctakigu@nk-cc.go.jp