HOME > 総合情報 > 研究室紹介 > 薬物送達システム学
研究室紹介 | 薬物送達システム学
 
[連携講座] 薬物送達システム学分野 Drug Delivery System
 
教授 Professor 道中 康也         Yasunari Michinaka, Ph.D.
准教授 Associate professor 小島 宏行         Hiroyuki Kojima, Ph.D.
  兵頭 健治         Kenji Hyodo, Ph.D.
 
あらゆる薬物は期待する主薬理活性とともに、薬物治療の弊害となる毒性を併せ持ちます。そのような薬物にある種の衣を着せて、「必要な場所」に「必要な量」を「必要な時間」だけ作用させる、すなわち薬物の持つポテンシャルを最大限に発揮させるための理想的な体内動態に制御して、その有効性、安全性、使用性を向上させる技術・システムのことを薬物送達システム(DDS: Drug Delivery System)といいます。 DDS技術は、今では創薬のための重要なツールの一つになっており、既に多くのDDS医薬品が創製されて世界の医療に貢献しています。
下図に示すように、DDSには大きく分けて、a) 放出制御型DDS、b) ターゲティング型DDS、c) 吸収改善型(投与経路の変更も含む)DDSがあります。有効性、安全性、使用性の向上という医学的観点ばかりでなく、自社製品のライフサイクルマネジメント(LCM: Life Cycle Management)、他社製品との差別化、Drug Repositioningという企業的観点からも、DDSは重要な技術になっており、患者様にとっても企業にとっても大きな恩恵をもたらします。特に近年、新規化合物の創出が困難になっている状況では、その重要性はますます高まっています。 本連携講座では、経口剤DDS、注射剤DDS、外用剤DDSについてそれぞれ解説し、併せて、DDS医薬品特有のレギュレーションとの関係や製品開発を進める上での課題、大学の研究と企業の研究の違いなどについても触れる予定です。
 
 
 
Research

DDS (drug delivery system) is a technology to control the biodistribution of the drug which has therapeutic effect and toxic effect simultaneously, and can increase its therapeutic effect, decrease its side effect and improve its usability. DDS has been recognized as one of the major technologies for drug development, and there are a significant number of DDS drug products commercially available now. DDS can be classified into a) controlled release DDS, b) targeting DDS, and c) absorption improvement DDS. DDS technology has become more and more important not only for the patients but also for the pharmaceutical companies from the viewpoints of therapeutic efficacy, LCM (life cycle management), differentiation of a product, drug repositioning, etc.

 
代表論文
髙江 誓詞,小島 宏行,箱守 正志,欧米における小児医薬品の開発計画―製剤設計からの視点,Pharm Tech Japan, 34, 169-173 (2018)
S. Yamaguchi Ikeuchi, A.Kambayashi, H. Kojima, N. Oku and T. Asai, Predictions of oral pharmacokinetics and food effect of gabapentin enacarbil extended-release tablet using biorelevant dissolution tests, Biol. Pharm. Bull., 41, 1708-1715 (2018)
Hyodo K, et al., Development of Liposomal Anticancer Drugs, Biol. Pharm. Bull., 36(5), 703-707 (2013)
兵頭健治、浅野 誠、山本 栄一、菊池 寛,担癌モデルマウスの落とし穴,Drug Delivery System, 32(5), 402-410 (2017)
大河原 賢一,浅井 知浩,兵頭 健治,菊池 寛,EPR効果に影響を及ぼす因子の体系化に向けて,Drug Delivery System, 33(2), 105-114 (2018)
Y.Michinaka, Dermal Patches, Plasters, and Cataplasms, In: Skin Permeation and Disposition of Therapeutic and Cosmeceutical Compounds, Chapter 10, Springer, pp121-135
 
分野連絡先

道中康也(Yasunari Michinaka, Ph.D.)、久光製薬株式会社
E-mail: Yasunari_Michinaka@hisamitsu.co.jp