HOME > セミナー案内 > 詳細ページ
セミナー案内 | 詳細ページ
 
 
 
タイトル 新規ナノキャリア「ラクトソーム」を用いた腫瘍指向性薬剤送達システムの開発
講演者 山本文彦 先生
所属 東北薬科大学 准教授
開催日 2011-07-01 16:30
終了日 2011-07-01 18:00
内容

下記の要領で講演会を開催いたします。ご興味のある皆様方のご来聴を心より歓迎申し上げます。

 

講義タイトル:「新規ナノキャリア「ラクトソーム」を用いた腫瘍指向性薬剤送達システムの開発」

 

演者:山本 文彦 先生(東北薬科大学 准教授)

 

日時:7月1日(金曜日)16時30分~18時00分(質疑応答含む)

場所:薬学部・本館3階・第3講義室

 

山本先生は放射性薬品化学、分子イメージングを専門とし、生体肝移植ドナーの肝再生時の高い細胞増殖能と、放射線治療で死滅しなかった放射線耐性肝ガン細胞の高い細胞増殖能獲得メカニズムを、肝細胞表面にある増殖に関係する受容体の変化から解明しようという研究や、肝ガンを含めた種々のガンの新規放射性診断薬の開発などの研究を行っています。今回の講演会では高分子ミセル型ナノキャリア「ラクトソーム」の放射性核種標識とこれを用いたin vivoイメージングに関する研究などに関してご講演いただきます。

多数のご来聴をお待ちしております。

 

山本先生は講演会とは別に大学生向けの薬学府大学院講義「分子プローブの設計と機器開発」でも講義されます。

開講場所:第四講堂

講義時間:13時00分-15時30分

講義内容:「生体適合性ナノキャリアを利用した分子イメージングプローブと内用放射線治療剤の開発」

 

【山本先生のHP

http://www.tohoku-pharm.ac.jp/laboratory/hosya/index.html

 

【最近の論文】

(2011)

著 者 Yamamoto Y., Toyohara J., Ishiwata K., Sano K., Yamamoto F.,

Mukai T. and Maeda M.

論文名               11C-Labeled Analogs of Indomethacin Esters and Amides for  Brain

Cyclooxygenase-2 Imaging: Radiosynthesis, In Vitro Evaluation   and In

Vivo Characteristics in Mice

掲載誌頁           Chem. Pharm. Bull.  in press.

 

(2010)

著 者 Makino A., Yamahara R., Hara I., Takeuchi E., Ozeki E., Kurihara

K., Kizaka-Kondoh S., Yamamoto F., Shimizu A., Kimura S.

論文名               "Lactosome" a potential nano-ordered carrier for molecular

imaging composed of a poly(L-lactic acid) - block -poly(sarcosine) amphiphilic polydepsipeptide and poly(lactic acid) derivatives.

掲載誌頁           Imaging Biol. 12 (Suppl.2), S812

 

著 者 Takeuchi E., Hara I., Yamahara R., Makino A., Kurihara K.,

Yamamoto F., Kizaka-Kondoh S., Shimizu A., Ozeki E., Kimura S.

論文名               ABC phenomenon with lactosome studied by in vivo NIRF imaging

掲載誌頁           Mol. Imaging Biol. 12 (Suppl.2), S835

 

著 者 Hara I., Yamahara R., Takeuchi E., Makino A., Kurihara K.,

Yamamoto F., Kizaka-Kondoh S., Shimizu A., Ozeki E., Kimura S.

論文名               Development of Near-Infrared Fluorescence Probes for In Vivo

Tumor Imaging with Using an Amphiphilic Polydepsipeptide Micelle "Lactosome"

掲載誌頁           Mol. Imaging Biol. 12 (Suppl.2), S873

 

著 者 Kurihara K., Yamamoto F., Yamaguchi M., Arakawa Y., Hara I.,

Ozeki E., Makino A., Togashi K., Shimizu A., Kimura S.

論文名               A fluorescent imaging of the murine orthotopic brain tumor, using

new nanocarrier "Lactosome"

掲載誌頁           Mol. Imaging Biol. 12 (Suppl.2), S876

 

著 者 Yamamoto F., Yamahara R., Kurihara K., Takeuchi E., Hara I.,

Makino A., Kizaka-Kondoh S., Shimizu A., Ozeki E., Kimura S.

論文名               Development of novel radioiodine labeled nanocarrier "Lactosome"

and initial evaluation as a tumor imaging probe

掲載誌頁           Mol. Imaging Biol. 12 (Suppl.2), S948

 

著 者 Yamahara R., Yamamoto F., Kurihara K., Tsukada H., Takeuchi E.,

Hara I., Makino A., Shimizu A.. Kizaka-Kondoh S., Ozeki E., Kimura S.

論文名               Development of a novel radioisotope labeled tumor imaging probe

for PET "18F-Lactosome"

掲載誌頁           Mol. Imaging Biol. 12 (Suppl.2), S995

 

著 者 Sano Y., Motomura T., Yamamoto F., Fukuda M., Mukai T., Maeda M.

論文名               1-(3-[125I]Iodophenyl)-3-methy-2-pyrazolin-5-one: Preparation,

Solution Stability, and Biodistribution in Normal Mice

掲載誌頁           Chem. Pharm. Bull.  58(8), 1020-1025

 

著 者 Yamamoto F., Yamahara R., Kurihara K., Tsukada H., Takeuchi E.,

Hara I., Makino A., Kizaka-Kondoh S., Ozeki E., Kimura S.

論文名               Development and initial evaluation of novel fluorine-18 labeled

nanocarrier "Lactosome" as a tumor imaging probe for PET

掲載誌頁           J. Nucl. Med.  51(5), (Suppl 2), 304P

 

世話人
大嶋 孝志

九州大学大学院薬学研究院 教授