HOME > セミナー案内 > 詳細ページ
セミナー案内 | 詳細ページ
 
 
 
タイトル In Vivoイメージングを目指した分子プローブのデザイン・合成・生物応用
講演者 菊地和也 教授
所属 大阪大学大学院工学研究科
開催日 2011-06-16 16:30
終了日 2011-06-16 18:00
内容

下記の要領で講演会を開催いたします。ご興味のある皆様方のご来聴を心より歓迎申し上げます。

 

大学院特別講義タイトル:

in Vivoイメージングを目指した分子プローブのデザイン・合成・生物応用」

 

演者:菊地 和也 先生(大阪大学大学院工学研究科 教授)

 

日時:6月16日(木曜日)16:30pm~18:00pm(質疑応答含む)

場所:薬学部・本館3階・第3講義室

 

菊地先生は分子プローブの研究で世界的に活躍されている先生です。菊地先生はケミカルバイオロジーのアプローチを用いて、細胞内分子と特異的に反応して可視化することができるプローブ分子をデザイン・有機合成し、直接生物学研究に応用され、生体内分子と出会うことで蛍光の強さや色が変化する分子やMRIコントラストが変化する分子を数多く開発されています。

今回の講演会ではin vivoイメージングに関する研究を中心にご講演いただきます。

多数のご来聴をお待ちしております。

 

【菊地先生のHP

http://www-molpro.mls.eng.osaka-u.ac.jp/

 

【最近の論文】

著 者 S. Watanabe, S. Mizukami, Y. Akimoto, Y. Hori, and K. Kikuchi

論文名 ''Intracellular Protein Labeling with Prodrug-Like Probes Using

Mutant beta-Lactamase Tag''

掲載誌頁 Chem. Eur.J. 2011, in press.

 

著 者 K. K. Sadhu, S. Mizukami, S. Watanabe, and K. Kikuchi

論文名 ''Sequential Ordering among Multicolor Fluorophores for Protein Labeling Facility Aggregation-Elimination Based β-Lactam Probes''

掲載誌頁 Mol. BioSyst. 2011, 7, 1766-1772.

 

著 者 S. Mizukami, H. Matsushita, R. Takikawa, F. Sugihara, M. Shirakawa, and K. Kikuchi

論文名 ''19F MRI Detection of β-Galactosidase Activity for Imaging of Gene Expression''

掲載誌頁 Chem. Sci. 2011, 2, 1151-1155.

 

著 者 A. Yoshimura, S. Mizukami, Y. Hori, S. Watanabe, & K. Kikuchi

論文名 ''Cell Surface Protein Labeling with Luminescent Nanoparticles via Biotinylation Using Mutant β-Lactamase-tag Technology''

掲載誌頁 ChemBioChem 2011, 12, 1031-1034.

 

著 者 S. Watanabe, S. Mizukami, Y. Hori, & K. Kikuchi

論文名  ''Multicolor Protein Labeling in Living Cells Using Mutant β-Lactamase-Tag Technology''

掲載誌頁 Bioconjug. Chem. 2010, 21, 2320-2326.

 

著 者 K. K. Sadhu, S. Mizukami, S Watanabe, & K. Kikuchi

論文名  ''Turn-on Fluorescent Switch Involving Aggregation and Elimination Processes for β-Lactamase-Tag''

掲載誌頁  Chem. Commun., 46, 7403-7405 (2010)

 

著 者 S. Mizukami, M. Hosoda, T. Satake, S. Okada, Y. Hori, T. Furuta, & K. Kikuchi

論文名 ''Photocontrolled Compound Release System Using Caged Antimicrobial Peptide''

掲載誌頁 J. Am. Chem. Soc., 132, 9524-9525 (2010)

 

著 者 S. Okada, S. Mizukami& K. Kikuchi

論文名  ''Application of a Stimuli-responsive Polymer to the Development of Novel MRI Probes''

掲載誌頁 ChemBioChem., 11, 785-787 (2010)

 

著 者 Y. Hori, Y. Egashira, R. Kamiura, & K. Kikuch

論文名  ''Noncovalent-interaction-promoted Ligation for Protein Labeling''

掲載誌頁 ChemBioChem.,11, 646-648 (2010)

 

世話人
大嶋 孝志

九州大学大学院薬学研究院 教授