HOME > セミナー案内 > 詳細ページ
セミナー案内 | 詳細ページ
 
 
 
タイトル [学会情報] Internatinal Symposium by Japanese Society of Chronobiology in 2014 / 第21回日本時間生物学会学術大会
講演者 大会長: 大戸茂弘
所属 九州大学大学院薬学研究院 研究院長・教授
開催日 2014-11-07 09:00
終了日 2014-11-09 17:00
内容

学会名

Internatinal Symposium by Japanese Society of Chronobiology in 2014 / 21回日本時間生物学会学術大会


日 時:2014117日(金)〜9日(日)


場 所:九州大学百年講堂・同窓会館


大会長:大戸茂弘(九州大学大学院薬学研究院 研究院長・教授)


大会HP: http://www.21jsc.org


内 容:

117日(金)

Internatinal Symposim by JSC in 2014

History of Chronobiology in Japan: How we learned Chronobiology

 Ken-ich HonmaHokkaido University Graduate School of Medicine

Design of Circadian Timing Mechanisms in Cyanobacteria and Robust Biological Rhythms in Various Organisms

 Takao KondoGraduate School of Science, Nagoya University

Insect Circadian Clocks

 Charalambos P. KyriacouBehavioural Genetics, Department of Genetics, University of Leicester

Development and adaptability of the master circadian clock in the suprachiasmatic nucleus

 Sato HonmaDepartment of Chronomedicine, Hokkaido University Graduate School of Medicine

The Suprachiasmatic Nucleus: a Model in the Study of Brain Functional Connectivity

 Rae SilverDepartment of Pathology and Cell Biology, Columbia University Medical School

Chronomics and community screening by 7-day/24-hour ambulatory blood pressure monitoring

 Kuniaki Otsuka(Chronomics & Gerontology, Tokyo Womens Medical University) Sleep research in the real world - first steps towards a human sleep project

 Till RoennebergInstitute for Medical Psychology, Ludwig-Maximilians-Universität München

 

118日(土)

特別講演 『分子細胞個体としての生体リズム』

 岡村  均(京都大学大学院薬学研究科医薬創成情報科学講座システムバイオロジー分野)

 

特別企画シンポジウム『時間生物学の進歩と展望』

オーガナイザー:海老原史樹文(名古屋大学生命農学研究科)、藤村昭夫(自治医科大学)

 

シンポジウム 1 『概日時計システムの共通性と多様性』

オーガナイザー: 粂和彦(名古屋市立大学薬学部)、上田泰己(東京大学医学系研究科)、岩崎秀雄(早稲田大学)

 

シンポジウム 2 『時間生物学の次世代を切り拓く新技術:植物からヒトまで』

オーガナイザー: 明石真(山口大学)、土居雅夫(京都大学)

 

119日(日)

シンポジウム 3 『概日時計機構における生物の各レベルでの連関:分子から個体まで』

オーガナイザー:深田吉孝(東京大学大学院理学系研究科)、小山時隆(京都大学大学院理学研究科)

 

シンポジウム 4 『概日時計を活用した疾患の予防・診断・治療』

オーガナイザー:小柳 悟(九州大学大学院薬学研究院)

 

シンポジウム 5 『環境応答と生物時計-若手による学際性入門』

オーガナイザー:久保達彦(産業医科大学医学部)、伊藤浩史(九州大学大学院芸術工学研究院)

 

シンポジウム 6 『時間生物学の産業応用:植物からヒトまで』

オーガナイザー:柴田重信(早稲田大学)、飯郷雅之(宇都宮大学)

 

■一般演題(ポスター)114演題