HOME > 研究成果 2016年 > 詳細ページ
研究成果 2016年 | 詳細ページ
 
 
 
タイトル 新たなα-アミノ酸の効率的な合成法を開発
参照元 Journal of the American Chemical Society (IF 12.1)
分野名 環境調和創薬化学分野

九州大学大学院薬学研究院環境調和創薬化学分野の大嶋教授、矢崎助教らは、

α-アミノ酸の新たな触媒的な合成法の開発に成功しました。

 

 α-アミノ酸はペプチド(タンパク質)の構成成分として医薬品中に広く用いられている重要な化合物です。中でも非天然型のα-アミノ酸は人工的な合成が必要であり、その効率的な合成法の開発が強く望まれています。今回の研究成果では、従来法では困難であった様々な官能基共存下において化学選択的に非天然型のα-アミノ酸を合成することが可能となりました。さらに天然物など様々な炭素骨格を有する独自のα-アミノ酸も合成することが可能で、新たな医薬品創製のためのツールとして期待されます。

 

この研究成果は,国際科学誌「Journal of the American Chemical Society」に201629日付けオンライン版で発表されました。

 

 

論文名

Direct Catalytic Chemoselective α-Amination of Acylpyrazoles:

A Concise Route to Unnatural α-Amino Acid Derivatives

Keisuke Tokumasu, Ryo Yazaki, Takashi Ohshima

J. Am. Chem. Soc. in press

http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jacs.5b11773

 

環境調和創薬化学分野

http://green.phar.kyushu-u.ac.jp/
ファイル
発行年 2016
日付 2016-02-18 17:49