HOME > 研究成果 2016年 > 詳細ページ
研究成果 2016年 | 詳細ページ
 
 
 
タイトル ~加齢高血圧リスクを高める受容体を特定~ 
参照元 Science Signaling誌
分野名 創薬育薬研究施設統括室

加齢高血圧リスクを高める受容体を特定

心血管病の予防・治療に期待

 

今回、九州大学大学院薬学研究院の西田基宏教授(自然科学研究機構生理学研究所所属)および薬理学分野・ライフイノベーション分野・薬効安全性学分野の共同研究グループは、マレーシアSabah大学、香川大学、ベルギー自由大学(Université libre de Bruxelles)との共同研究により、加齢に伴い発現上昇するプリン作動性P2Y6受容体(P2Y6R)が複合体を形成することでアンジオテンシンIIによる血圧上昇を促進することをマウスを用いた研究で明らかにしました。

本研究結果は、AAAS(米国科学振興協会)が発行する Science Signaling 誌(2016119日電子版)に掲載されます。

また、本研究については中日新聞と朝日新聞の朝刊に紹介記事が掲載されました。


 

<研究について>

九州大学 大学院薬学研究院 創薬育薬研究施設統括室

自然科学研究機構 生理学研究所 心循環シグナル部門

教授 西田 基宏 (ニシダ モトヒロ)

TEL: 0564-59-5560   FAX: 0564-59-5560 MOBILE: 090-9800-0410

EMAIL: nishida@nips.ac.jp

※クロスアポイントメント制度により両機関に所属


リンク:

 生理学研究所プレスリリース

 朝日新聞
 中日新聞
 NNマイナビニュース

ファイル
発行年 2016
日付 2016-01-20 10:57