HOME > 研究成果 2011年 > 詳細ページ
研究成果 2011年 | 詳細ページ
 
 
 
タイトル トランスポータ電流
参照元 最新パッチクランプ実験技術法
分野名 病態生理学分野

「最新パッチクランプ実験技術法」(編集: 生理研・岡田泰伸)が吉岡書店から新たに出版され,野田百美准教授(病態生理学)が「13 トランスポータ電流」を分担執筆されました。

 

病態生理学

http://seiri.phar.kyushu-u.ac.jp/

ファイル
発行年 2011
日付 2011-06-20 23:15