HOME > トップニュース > 詳細ページ
トップニュース | 詳細ページ
 
 
 
タイトル 最先端研究基盤事業「化合物ライブラリーを活用した創薬等最先端研究・教育基盤の整備」補助対象機関に九州大学(代表:井上和秀教授)が採択

文部科学省では,平成22年6月22日に,「最先端研究基盤事業」補助対象事業として,「化合物ライブラリーを活用した創薬等最先端研究・教育基盤の整備」を選定しました。本事業は,大学等の最先端研究から創薬の基となり得る化合物(シーズ)を探索する多検体スクリーニング設備を研究ポテンシャルが高く,多くの研究者が共用することが可能な拠点に導入することにより,創薬等最先端研究・教育基盤を構築することとしています。国として創薬支援基盤の確立を目指し,戦略的な運営方針に従い本事業を実施する補助対象機関を公募しました。その選考の結果,九州大学(代表:井上和秀 薬学研究院長)の研究提案が採択されました。


文部科学省プレスリリース

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/03/1303163.htm



ファイル
日付 2011-03-09 18:16