HOME > トップニュース > 詳細ページ
トップニュース | 詳細ページ
 
 
 
タイトル カルボン酸等価体と炭化水素とのクロスカップリング反応の開発に成功
九州大学大学院薬学研究院 環境調和創薬化学分野の田中津久志大学院生、矢崎亮助教、大嶋孝志教授の研究グループは、カルボン酸等価体の触媒的脱水素型αアルキル化反応の開発に成功しました。

カルボン酸等価体のαアルキル化反応として、求核置換反応(SN2反応)が現在有機合成に広く利用されています。しかし、本反応は強塩基の使用による官能基許容性の低下や、脱離基導入によるアルキル化剤の事前調製が必要である点、立体障害のために四級炭素の構築が困難である点等に改善の余地を残していました。

そこで、大嶋教授らは、従来法とは異なるラジカル型のメカニズムによるαアルキル化反応の開発を行いました。本手法ではカルボン酸等価体の活性化に強塩基を必要としないうえに、C-H結合を直接活性化するためアルキル化剤の事前調製を必要としません。さらに、本手法は立体障害に強く、四級炭素や連続四級炭素の構築を達成しました。
また、本研究では詳細なメカニズムの解析を行っており、2つの鉄触媒種によるエノラート化機構を解明しました。本機構により、従来法とは化学選択性が逆転したαアルキル化反応も達成しました。





論文名
Chemoselective Catalytic Dehydrogenative Cross-Coupling of 2‑Acylimidazoles: Mechanistic Investigations and Synthetic Scope

Tsukushi Tanaka, Kayoko Hashiguchi, Takafumi Tanaka, Ryo Yazaki, Takashi Ohshima

ACS Catalysis 2018, 8, 8430-8440
https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acscatal.8b02361
DOI: 10.1021/acscatal.8b02361

環境調和創薬化学分野
http://green.phar.kyushu-u.ac.jp

ファイル
日付 2018-09-13 18:48